現代で生き残る強い企業になるには

生き残る道を探す

進化論で有名なダーウィンは、環境の変化に対応した種のみが生き残ったと残しています。
この意味がわかるでしょうか。
どんな強大な企業であったとしても、現代を生き残ることは難しくなってきています。

高い技術力があったのにもかかわらず、一つの品質の問題から、倒産してしまう大企業は後を絶ちません。
特に安全性という部分に問題が出た場合、それが致命傷となるのです。
これが仮に巨大企業であろうとも倒産させることにつながるのを目にしているでしょう。

ただの倒産と思わないことが重要です。
なぜこのような事態を招いたのか、そこに生き残る道があるからです。

安全を無視した安心できないコスト削減の効果

どんなに巨大で強い企業でも、変わらなければつぶれてしまうと考えています。
常に変革を求め、新たのことにチャレンジもしていることは、名だたる企業を見て感じることができるでしょう。

そこには、工場を変えるということだけではありません。
経営者から社員まで、一貫して変えていかなければ、今の時代に追従していくことが難しくなっているといっていいでしょう。
その中でも特に安全と安心いうことを意識しなければ、生き残ることはできなくなってきているのです。

安全と安心とは何でしょう。
コスト削減という大義名分を掲げたことにより、供給側が優位になった錯覚を起こしました。
しかし、ユーザーは、安全で安心できるものを良くしているのであって、低コストだから安全も安心も下げていい品質ではなかったのです。

安かろう悪かろうで通じた時代は終わり、安くても安心できなければ、その商品の価値はありません。
安全でなければ、使うことができないということを忘れてしまったといっていいでしょう。

生き残るための意識の改革へ

工場の経営ということで考えても、コスト削減は命題であることは間違いありません。
それでも、ユーザーは安全で安心できるものを求めているのです。

強い企業になるためにも、意識を変えていくことが重要でしょう。
単にコストを落とし、競争力を持つだけでは、変わったことになりません。
本当に必要なものを提供できる工場とならなければ、生き残れる強い企業とはならないのです。