「5S」が全ての基本

必要なもの

品質管理の考え方の中には、5Sというものがあるでしょう。
5Sに始まり5Sに終わるとまで言われますが、いったいこれが何なのか、漢字にするから誤解も出てきます。

しっかり行われていくことが重要だというものの、中身がわかっていないこともあるでしょう。
どうしても管理というと、こうした規則が先行しますが、もっと内容を理解し伝えていくことができなければ、5Sは形骸化するのです。

5Sとは何か

まず、5Sとは何かということでしょう。
整理をはじめとした衛生管理に必要な言葉5つをローマ字にした頭文字をとっています。

整頓は、必要か必要ではないのかを判別することで、無駄を発見することが重要です。
不用品は処分することで、無駄を除去することが目的になります。
障害となるものがなくなれば、動線も単純化できますし、何か重要なのかが判別できるようになるでしょう。

整理ができれば、次に整頓をします。
無駄をなくしたところで、どこに何があるのかわからなければ、仕事は進みません。
効率化を考えるためにも、整頓をすることが重要なのです。

整頓をすると、職場環境を整えるために清掃が必要でしょう。
きれいな状態にすることで、常に整理ができ整頓することができるようになるのです。
常に職場環境を清潔にすることにより、効率化をさらに進めることができるでしょう。

清掃をしても、それが維持できなければ意味がありません。
それが清潔にするということです。
効率化を進め維持するためにも、清潔な環境を作ることを意識しなければいけません。

ここまでの流れとは少し違いますが、最後になるのがしつけです。
自分の意思を持ち、率先した作業ができるようにすることを指していますが、これまでの4つとは異なります。
もっと総合的な判断ができるように、教育訓練を行っていくこともしつけとなるでしょう。

木を見て森を見ずにならないように

ここまでの一連の流れの中で、品質管理や品質改善に4つ目の清掃までは大きく影響をします。
ところが、5つ目のしつけだけが、どうしても異質な存在となるでしょう。

清掃までは、工場内でも行っていくことができますが、しつけだけは管理者が考えていかなければいけないことです。
今日行くだけは、自分自身で行動することができません。
もちろん、自己啓発的に行動はできますが、品質管理という面では、組織的に動かなければいけない部分です。

どうしても、Sという頭文字に合わせてしまったことにより、ことばも誤解を受けやすい部分があります。
どうしても、上からの目線の言葉になりますので、気分的にいいものではありません。

所詮語呂合わせ的なものなのですから、組織的に言葉にこだわらないのであれば、外してしまうことも選択肢です。
教育という言葉に置き換えたりすることも必要になるでしょう。

うまく活用することが品質管理に対し重要なのであって、5Sということにこだわることが重要でも目的でもありません。
木を見て森を見ずにならないようにするべきなのです。