良い人材が育つ環境とは?

人材育成とは

人材育成ということは、企業が抱える永遠の命題です。
確固たる答えが出ているわけではなく、組織ごとにどういった対応をするべきか、常に考えていかなければいけません。
それだけ、障害も多くありますが、人材が育つ環境ということにも目を向けなければいけないでしょう。

人が人を作ることは、間違いのない事実です。
その一方で、環境が人を作ることも出てきます。
人間はどんな組織や環境で人材を生み出してきたのか、それを知ることも一つの人材育成であることは間違いありません。

緊張感を保つための仮想の敵

人材を育成するということは、それだけの能力とモチベーションを兼ね備えた存在を生み出さなければいけないということになるでしょう。
どんな組織も、この点に悩んできました。

どんな優れた会社でも、離職率の問題を抱え、維持することが難しいことは確かです。
その中でも、人が育つ組織は存在していることも確かでしょう。

人を育てる環境とは、ライバルの存在です。
巨大国家が仮想敵国を作り、緊張感を保つことで、人材の育成に生かしていることはよく知られていることでしょう。

こうした緊張感を持つことにより、状況というものが人間を育てるようになっていきます。
成長の上限と考えている場合にも、こうしたライバルを設定するだけでも、モチベーションが変わり人材育成の場として成立するようになっていくのです。

環境ということでは、誰かがモデルになるロールモデルも考えられるでしょう。
適任者がいることが重要ですが、業務や技術的なことだけでは適任とは言えません。

リーダーがその立場でいることが理想ですが、人間的にも優れていなければいけませんし、相性の問題も出てきます。
環境とはまた別問題が多数関わることとなるでしょう。

高いレベルの環境で育てる

環境という意味では、常に高いレベルを要求される業務環境に人を置くことによっても育っていきます。
質の経験は、何よりも勝るものとして、人を育てることができるでしょう。
同じ目的を持った人材を集めていくことも、環境を整備することの一つです。

ただし、これは簡単に成立するわけではありません。
その環境が人を壊してしまうことも出てきますので、適性をはかりながら行っていく必要があるのです。