ブラック企業と呼ばれないための対策

働く側の権利を守る

昨今、ブラック企業と呼ばれる企業が出てきました。
働く側の視点から考えられる言葉で、経営的に問題がある企業は、こうしたブラック企業と呼ばれても致し方ないでしょう。
ですが、現実にはブラックな社員が作り上げていることもあるのです。

コンビニエンスストアの冷凍庫に飛び込んだ写真をアップしていたことがありました。
ブラックな社員という呼び方ができるはずですが、こうした人材が自分たちのことを棚に上げてブラック企業という呼び方をしていることもあるのです。
それでもブラック企業という呼ばれ方をすれば、社会的に大きなダメージを受けることになるでしょう。
反論できる状況を作るためにも、ブラック企業とは何かから考え、対策をしていくことが求められるのです。

そもそもブラック企業とは何か

ブラック企業とは、本来反社会的な団体とつながっていたところを指していました。
それが、いつの間にか過重労働や労働基準法に反した企業を指すようになったのです。
さらに狭義になりつつあり、社員の不満がつのれば、それがブラック企業であるということにもなってきています。

本来、ブラック企業と呼ばれる形は、日本の企業が持っていた問題点です。
長時間労働であったり、単身赴任などにみられたりする問題があったでしょう。
企業の権力が強すぎるだけではなく、年功序列、終身雇用という構図が当たり前とされたからです。

本来能力があれば、出世もするはずです。
年齢とは関係はありませんし、終身雇用にする意味もありません。
しかし、日本型企業はこうした形態をとってきたことにより、企業側の権力が増大してしまったのです。

それが、ゆとり世代ともぶつかり、労使関係が喪失してしまいました。
終身雇用という生活環境の提案も、転職の自由の喪失ということにすり替わってしまったのです。

労働環境の改善と人事

ブラック企業などと呼ばれることは、何の利もありません。
定義として考えれば、残業代の支払いがなされない企業や休みが取れないところが上げられます。
その割には、異常な残業時間で、派遣や契約社員を使い捨てにしているような状況があるでしょう。

もちろん、拘束時間も長く、それに見合う給料が支払われていない実情があります。
当然離職率は上がり、常に求人の募集をしているということになるでしょう。

よく考えれば、労働基準法違反がそろっており、こうした環境ではまともに働くことができないのです。
こうした環境であれば、ブラック企業と呼ばれても致し方ないでしょう。

対策としては、何も難しくはありません。
労働環境を改善し、待遇をしっかりしたものにすればいいのです。
例えば、勤怠管理システムを導入し各社員の残業時間や体調不良による欠勤状況を管理。
アラートが挙がっている部門の課題を発見することが労働環境の改善につながります。
https://www.kingtime.jp/function/

ブラック企業というものも、労働者によってとらえ方が変わります。
いくら給料を支払っても、それは見合わない、もっと欲しいと叫ぶこともあるでしょう。
その分だけ、人事考課も厳しくしていくことにすればいいのですから、対策は難しいものではないのです。