コスト削減の秘訣

効率の阻害

コストを削減するという言葉は、常に聞くワードでしょう。
誰もがそう思うのは、コスト削減という言葉を都合よく使っているからです。
つまり、コスト削減であるかのように見えて、それが効率を阻害しており、どこかでコストを発生させることになっているでしょう。

こうした勘違いが、コスト削減という大義名分によってまかり通ることはよくあります。
コピー機の両面印刷がよく知られていますが、そもそもいらない印刷物を減らせばいいだけのことです。
両面印刷を無理にすることにより、コピー機の故障を引き起こせば、仕事の効率も悪化し、コストは驚くほど増大します。
コスト削減は、利益増大につながっていくのですから、もっと明確に考え取り組んでいかなければいけないことなのです。

熱効率を考え電気代を削減

良く削減対象になるのが、電気代でしょう。
節電は重要なポイントで、間接費としても直接費としても改善が重要です。
しかし、労働環境の悪化と直結することもありますし、工程自体を悪化させることで、コスト増大を招いてしまう結果も出てきます。

そこで同時に行っていきたいのが、断熱でしょう。
こちらを先に行うことで、間接費としての電気代を削減できるようになります。

外壁に使う塗料によって、熱を吸収しにくく、分散しにくい工場を作ることができるようになるのです。
もちろん、イニシャルコストは大きなものとなりますが、電気代の削減によるランニングコストの削減は、決して小さなものではないでしょう。
労働環境の悪化も防ぐことができるのですから、大きな効果を得ることができます。

太陽熱高反射塗料というものもあります。
夏場のピーク電力を下げることができる方法で、昼間の平均室温を下げることができるのです。
これも、労働環境を考えながらの削減となるでしょう。

熱ということでは、LEDの導入も重要なコスト削減です。
長寿命化できることが大きなポイントですが、エネルギー効率も上げることができます。
熱を発しにくい照明になるため、夏場は大きなコストダウンを狙うことができるでしょう。

イニシャルコストは、既存の証明に比べるとかなり大きなものになりますが、補助金が出ることもあります。
このあたりの兼ね合いも重要でしょう。

仕事を減らすことによる削減

実は最も効果的なコストダウンは、仕事量を減らすことです。
効率化を進めていくことができれば、人件費を削減することにつながり、一人当たりの労働時間や仕事量を削減できるでしょう。
労働環境に対しても寄与できる方法ですので、重要なポイントになります。

どんなところを効率化するべきかといえば、無駄な仕事をなくすことでしょう。
IT化し、社内ネットワークの構築で、コピーをとり回覧したりすることもなくなります。
データも共有化すれば、効率も上がるでしょう。

タブレットの導入により、無駄な動線をなくし、時間の短縮や紙資源の削減、管理費の縮小も狙えます。
業務の効率化も進めることができるようになるため、最終的なコストを削減していくことができるでしょう。

これは機械化を進めることも、労働生産性の向上を狙うことになるのと同じです。
ただし、従業員の意識付けができなければ、向上していきませんので、同時に改善を行っていく必要があるでしょう。