発展していく会社の特徴

成功の本質をみる

自社を発展させることは、生き残っていくことにもつながります。
成長ということをやめるということは、生物が成長をやめるということと同じです。
つまり、死を迎え入れるということにつながります。

企業として成長していくということは、何も利益拡大ということだけではありません。
より良い環境を作ることも成長でしょう。
こうした変革を考え、是正をしていくことが、自社の成長にもつながっていくのです。

活動を通じ、新たなことに気が付くこともありますし、それが大きなチャンスに代わることも出てくるでしょう。
発展させるということの本質がそこにあるのです。

日本と諸外国の考え方の違いと発展

発展ということでは、日本と諸外国の考え方に大きな違いがあります。
これに気が付くことができれば、大きな力になることは間違いありません。

日本の企業の感覚では、弱みは改善すべき点であると考えるでしょう。
競争力を上げるためにも、弱みを克服してから強みを伸ばすと考えてきたのです。

集中的に力を注ぐこともして北でしょう。
しかし、海外では強みを伸ばすことを考えます。
競争力をつけるためにも、圧倒的な力をつけることを考えていくのです。

考え方の違いですが、どちらのほうが発展していくのかは賛否があるかもしれません。
それでも、中小企業や工場経営ということを考えれば、強みを伸ばすということが成果として大きくなってきているのです。

強みを伸ばしその手に武器を

弱みを改善することが悪いことではありません。
確かに意味もあります。
弩業他社と比較した場合、大きく劣っているのであれば、発展させていくために弱点の克服は効果を上げることができるでしょう。

ですが、致命的に差がつくほどの弱みとなっていることはまれなことです。
そういった状況下になっていれば、すでに経営はできない状況でしょう。
どこかポイントを定め、強みを伸ばす選択をしていくことで、発展させていくことができるのです。

なぜ強みを伸ばすほうが発展できるのかといえば、その手に武器を持つという意味があるでしょう。
市場で戦っていくために、他社にはない強みが武器となり、打ち勝っていくことができるようになるのです。
市場が不安定な状態になればなるほど、強みという武器を持つ方が、弱みの底上げよりも効果を上げることができます。

強みを伸ばすことは、競争条件を明確化していくことになり、自社の旗を明確にしていくことにつながるでしょう。
こうした方向性を持つ企業は、どんどんと発展していっているのです。
逆にこうした条件があいまいになれば、いったいどこを向くのかもわからないまま、自分の弱点を克服しようとあがいているだけになってしまいます。