フォークリフト運転技能者

フォークリフト運転技能士は物流業で活躍

フォークリフト運転技能士はフォークリフト運転技能講習、フォークリフト運転特別教育を修了した者に与えられる資格です。
フォークリフトをはじめとして、ストラドルキャリアなどの専門的なもの、コンテナキャリアやクランプリフトなどを操作する事が出来る技能者です。

最大荷重1トン以上のフォークリフトを運転できる資格で、指定教習機関で学科、実技に合格する事で取得できます。
物流現場や製造業、鉄鋼業等で需要の高い資格で、こうした職場ではフォークリフト運転技能士を持っていることで優遇されます。

大型の荷物を倉庫内に運搬したり、トラックなどに積み込む作業の際活躍します。

フォークリフト運転技能士の資格を取得したい

フォークリフト運転技能士の試験は18歳以上の方が受験できます。
学科と実技があり、学科では走行装置の取り扱い、荷役装置構造と取扱い、運転力学、法規、終了考査があります。

実技は定められたコースを基本走行、応用走行し、荷役操作など行います。
大型特殊自動車免許、中型自動車免許、普通自動車免許、大型特殊自動車免許の有資格、またフォークリフトを運転した経験が3ヵ月以上ある方は、学科の走行装置取扱いと実技の走行操作が免除となります。

大型自動車免許、中型自動車免許、普通自動車免許、大型特殊自動車免許所有の方は、学科の走行装置取扱いが免除です。
また半年以上フォークリフトの運転の経験がある方については実技の走行装置取扱いが免除です。
身体上に障害等がある場合、実施先によっては障害の度合いによって免許取得が応相談となっていることもありますので確認が必要です。

技能講習について

技能講習は都道府県労働局長登録教習機関によって行われています。
所定時間については終了済みの特別教育、実務経験などによって異なりますが、原則35時間です。
大型特殊自動車免許など取得されている場合、免除等があるので実技については11時間となります。
こうした技能講習免除があるので講習を行う郎得教習機関で確認しましょう。

試験、実技、日程、受験地に関しては実地先で確認が必要です。
受講料については科目免除によって違いがありますし、各登録指定教習機関によって異なります。
基本は20000円からとなっています。
費用に関しても指定教習機関で確認してみてください。

受験の申し込みや問い合わせについては、各都道府県の労働基準局、全国の労働基準監督署、指定教習機関などに確認します。

鉄鋼業や製造業、荷役に関連する職業や物流関連の職業に就きたいという方にとって、就職活動に有利な資格となります。
資格者については雇用先によって、資格手当などが出ることも多く優遇されるのでこうした職業に就きたい方は取得しておくと役立ちます。