品質管理の基礎知識

工場の使命として品質管理は重要なこと

工場経営にとって、品質管理は最重要ポイントです。
ものを作り売るためには、品質が適正でなければ、売ることはできないのではなく、買ってくれません。

適正のポイントが下がることにより、売価は下がり、利益を喪失していくことになります。
売ることはできますが、想定価格では誰も買ってくれなくなるのです。
そのためには、品質を管理していくことが重要になるのがわかるでしょう。

品質管理は具体的に何を行うのか

品質管理とは、簡単に言えば品質に対して組織を指揮して対応することを指します。
品質、価格、納期の3つに分けることができ、品質管理をしていくうえでは、この3つを満たすことが重要です。

目標や方針の設定も含まれ、それに伴い計画や管理だけではなく、補償や改善も品質管理に重要な項目となるでしょう。
もちろん、こうした要求条件を満たすようにしていくマネジメントも品質管理の重要項目です。
受注を受けた要件を満たすため管理することが品質管理といえるでしょう。

品質管理の仕事とは

品質管理を行う人材は、とても重要なポジションとなるでしょう。
合理的かつ論理的に解釈できなければ、結果を出すことはできなくなります。
顧客との間を取り持つ重要な位置でもあり、両方の意見を考えつつ最良の商品を作りだしていかなければいけません。
下記に仕事の一部が出ています。
>>品質管理とはどんな仕事?│転職大辞典

こういった面からもわかる通り、品質管理は一人ではできません。
多くの人がかかわって、初めて成し遂げることなのです。

一人ひとりが、その役割を考えていくことが最も重要だといえるでしょう。
こうしたサイトを読むことで、自分たちは何ができるのか、それがどんな効果を及ぼすのかがわかってくるはずです。

品質管理は、ただ仕事をするという姿勢だけでは成し遂げることはできないのです。
意識改革も進めていかなければ、いつまでたっても品質は向上しません。
また筆頭に立つ人材が社内にいない場合は下記のような求人サイトで人材を募集する必要性があります。
>>製薬業界などの研究/分析の求人サイト

品質管理に潜む誤解

品質管理には、多くの誤解もあります。
サイトにもありますが、コストを上げることでもありませんし、生産部門だけがやることでもありません。
もっと統合的に進めていかなければ、達成することはできません。

最もひどい誤解は、ISOを達成するためにやっていると思うことでしょう。
品質管理は、顧客が要求した要件を満たすことです。

規格のためにやっているのでもなく、工場のためにやるのでもありません。
この誤解を解くことも、品質管理には重要であるといえるでしょう。